Img_3fa61a8c21258f68393a0df9162ceb89
庭先の山ボウシが咲きました。
暑い日が続き、ちょっとおつかれ気味の花も薄曇りの今日はいきいきです。
今週26日(金).27(土)はきのみのday、お菓子の自宅販売を行います。
時間は10時半から16時ころまで。

何を作ろうかと考えながら、一番に焼いたのはシンプルなこのクラッカー。甘さをおさえ、真ん中に塩漬け山椒の実をしのばせました。
独特のビリっとしびれる風味がくせになります。
少し涼しい週末になるといいなと願いつつ、お待ちしています。
Img_cf255c756ff3004efa9346543baf4317
Img_4d4f08e492efeb57e4a7bc39863af62f
なんとなくはっきりしないお天気続き。先日はじめて行ったお花屋さん、作ってくれた小さなブーケがすごく好みで、毎日にまにま眺めています。
そしたらお菓子もうきうきした雰囲気になるんですね。
今週19日(金)は水戸のPUNTOさんへきのみの便り、おやつをお届けします。今月はいつですか?と問い合わせいただくことも多くなってきました。いつもありがとうございます。プントさんではTシャツ展も開催中、こちらも毎年楽しみな企画です。この夏の1着を探しにお出掛けくださいね。
 (Click!) 
どうぞよろしくお願いします。
Img_62b3c54940da793e004588af135c9d81
Img_f57303524e94694bca8d5f0d315e218d
笠間の陶器市、ひまつり2017は
昨日5日ををもちまして終了しました。
今回はじめて“きのみの”の名で出店させていただき、うつわとともにお菓子もご用意しました。
陶芸もやっているんですねー!という声が圧倒的多く(笑)嬉しはずかしの一週間。
気軽に食べられるスティックスコーン屋さんも楽しく、またいつかやろうと思ってます。
暑い日が多い中、沢山のご来場ありがとうございました。
隣町の益子陶器市は7日まで開催しているようですのでこちらにも足を運んでみてください。
Img_3bae96f0208ef6cfbe3fd0c472069cf7
花曇りの数日です。
那須塩原のパン工房のアトリエイーハさんが、ゲストハウスをオープンすることになりました。
その名も「ネコノジムショ」
11日(火)にオープニングイベントのワンデイcafeが行われ(11時~)、こちらの会場で“きのみのBOX”も販売してくださいます。
毎日使うのにぴったりなマグとお菓子数種、オリジナルBOX入りです。

お世話になった方への贈り物などにもいいかもです。
当日は黒磯の老舗のコーヒーや美味しいお菓子、パンなども楽しめます。お近くの方、那須、黒磯方面にお出掛けの方は是非お立ち寄りください。
女性や家族向けのゲストハウス、ご興味ある方はイベントをチェックですね。
 (Click!) 
どうぞよろしくお願いします。
Img_5455d204963a661cec7bae63dc9afbc6
橙のマーマレード
Img_89b0bd2b7e947d3e1ec6a8c2b8e504c6
四つ割りにして茹でこぼす
Img_866b9edc01344b0263f1d0a39ac75aae
ローズマリーの枝とくつくつ
実家のご近所さんからいつも頂く柑橘。
その酸っぱさから夏みかんと思っていましたが、、冬に実がなり数年(代々)落ちないのは橙(だいだい)というそうですね。
皮が厚く、苦みも強い橙のマーマレード(ローズマリーも加えビターな風味)レシピです
☆分量の目安☆
橙 10個
糖分 皮と同じくらいの分量(このときは700g)
水  ひたひた位
ローズマリー 3枝

1・橙は四つ割りにして皮と実を外す。皮の重さと同じ砂糖(きび砂糖、甜菜糖)
  皮をたっぷりの水から茹で(20分ほど)流水で2時間ほど放置
  ※苦みが苦手な人は一晩水にさらす
2・実は果汁を絞り、種を取りながら柔らかい袋部分をざく切りにしておく(袋の半量くらい)
  種はお茶パックやガーゼに包んでおく。
3・ざく切りにしておいた袋に砂糖の3分の1をまぶしておく
4・1の皮を好みの厚さに細切りにしておく(カタチの良いのはピール用にとっておいても◎
5・4の皮と果汁にひたひたになるまで水を加え、中火でことこと煮る
6・アクをすくい、ローズマリーの枝い熱湯をかけたもの(10センチを三センチくらい)をのせて
  種のパック、砂糖をまぶしたざく切りの袋も加え煮る。

Img_1a8ac9e087ba8ed9a931498eca40bc15
砂糖は三回に分けて
Img_20a6d6d9a82d414e22ab5d68acf4b78d
煮沸した瓶に
Img_235c395ce8b43d640fadbd845aefbaa7
太陽のような果実
7・残りの砂糖は三回くらいに分けて加えることで、皮が固くなるのを防ぎます。
 甘さもお好みで加減します。あまり甘みを控えると痛みやすくなるので、自分の消費スピードも考慮 して。ローズマリーを取り出し、全体をかき混ぜながら仕上げる(ペクチンが出やすい)。
8・煮沸した瓶に詰める。この時にローズマリーの枝を表面に置くと香りが楽しめます。
 あら熱がとれたら冷蔵庫保管です→開封しなければ1ヶ月をめやすに使い切るようにします。

ぴかぴかの太陽の味です。
お湯で割ってもお菓子に加えても。