Img_5952692d559e97bda73bda09b6d0ee65

きのみののお菓子では珍しく
はっきりとしたチョコレート味の焼き菓子
上質なカカオパウダーに加え
定番ではクーベルチュールのダークチョコのブロックが入っています

チョコのフレーバーを変えると、まったく違うお菓子にもなります
時にはミルク、時にホワイトチョコ、たまに贅沢にフェアトレードのものを使うことも

ざくざくとした食感を楽しみたいので厚めに延ばして
ナイフでおおまかにカットして焼き上げます

焼きたてはチョコがまだ柔らかく、まるで焼きチョコのような濃厚さ

冷めると生地と馴染み、スライスアーモンドの香ばしさと
サクサク感が美味しいのです
きのみの初心者やお子様にはおすすめのお菓子なんですが、
実はとってもリッチな一品。

香りの良い紅茶とともに。
Img_bf2fa9bd090aab0a031b319b2bdb5dc8
きなこぼおる・ココアぼおる
Img_ced8e74c0717ea9b5d4663e49e43c9b8
ナッツ&フルーツチョコ
バレンタインなんてとっくに通り過ぎたイベント
と思っていても、やっぱりなにもせずにはいられないのが性分

堂々と高級チョコレート売り場をうろうろできるのは
この日くらいですから
リッチなチョコもたまに購入したりします。

我が家には男子三名いますし、父や他にタイミングあえば
数名分もあわせて作るも楽しいもの。

今年は三種類のチョコを作りました。

玄米フレークとピーナッツバターで作ったきなこぼうる
ミルクチョコとクランチアーモンドのココアぼうる、この二つは主に子供用。

VALONAのカカオマスでかなりビターに仕上げたのは大人用
きのみといちじくや柚子ピール入りでスパイシーになりました。
お酒のおつまみみたいなチョコになったかな。

三人三様といいますが、チョコにもいろいろな味があって
自分がどんなチョコが一番すきなのか
食べ比べるチャンスでもあります。

きのみののお菓子に使うチョコについては、トップの「材料と道具」
の中の“材料”にまとめました。