Img_ca12eac6461b11d35a5a01248b80ccd1
くるみのタルト
私がエンガディナーというお菓子を知ったのは大分大人になってからですが、
くるみとキャラメルのシンプルなタルト。

小さな石窯パン屋でパン作りのお手伝いをしていた時に、
週に一度好きなようにお菓子を焼かせてもらえる日がありました。
パン屋さんにある材料は粉とナッツと塩とメープル、本当に限られていましたがそのどれもが最高級の物でした。
限られた材料で真っ先に作ったのがくるみのタルト=エンガディナーです。
オーガニックの良質のくるみ100%。
メープルで作ったキャラメルと一緒に全粒粉の固めの皮に閉じ込めて焼きます。自分でもその美味しさには驚いたほど。材料が良いと、こんなに美味しくできるんだ!と。
その時に使っていた材料は現在は手に入りませんが、
より良い安心して使える物を常に選ぶ基本的な考えを学んだお菓子です。
本来はバターや生クリームをたっぷり使うお菓子ですが、きのみのでは植物性の材料のみで焼いています。本当の伝統菓子とはちょっと違うのかもしれませんね。
沢山の木の実が入っている贅沢な美味しさとは別の、森の奥で見つけたような深い味わいのあるお菓子です。
今は自分のお菓子部屋で様々な材料を使っていますが、
ふとあの小さなパン屋の景色が浮かぶ時、シンプルなお菓子やシンプルな自分に戻ってみる事にしています。